BFTのコミュニティダンスのショートムービープロジェクト。

Shall We Dance?のすすめ

【期日】 2020年5月11日 〜 2020年10月3日

その他のファシリテーター

大津歩未、中沢恵津子

BFTのコミュニティダンスのショートムービープロジェクトです。身近な誰か・なにかとのささやかなダンス動画とそのダンスからうまれた物語をつづった“ダンスを読むnote”を紹介します。

Big Fakily Tokyo note https://note.com/bigfamilytokyo

コロナ禍の中、StayHomeが続き対面で会えなくなり、人とのつながりが極端に少なくなりました。身動きが取れない中で、最小単位のコミュニティダンスって何?と考えた時に、それは家に一緒にいる家族と思い当たりました。

家族とダンスは気恥ずかしいけれど、「Shall We Dance?」と投げかけてみたら、思ってもみなかった反応があったり、あるいは知らない一面があぶり出されたり、新しい自分だけの発見があったり…一人暮らしは身近な「モノ」と踊ってみました。

「Shall We Dance?」家族やモノとの関係性、空間が変わります。

BFTでは、誰か・なにかと踊ってみたことで生まれたさまざまなエピソードやドラマとともに「これもダンス。あれもダンス」という問いかけをお送りします。
2020年5月―10月。毎週月曜日・水曜日・土曜日にダンスを読むnoteをアップします。

STAY HOME + DISCOVER YOUR OWN DANCE!

The following two tabs change content below.
ダンスと社会をつなげる、コミュニティダンスを推進していく任意団体です。関東圏を中心に活動しています。コミュニティダンスのワークショップの実施のほか、コーディネート、ファシリテーターの養成、スキルアップなど。ダンスの力を広げます。 メンバーは振付家、ダンサー、舞踏家、ワークショップデザイナー、俳優、ダンスセラピスト、ヨガティチャー、研究者など。他ジャンルに渡る専門家の集団です。
2020年10月3日
Copyright ©JCDN. All rights reserved.