南阿豆

みなみあず

Azu MINAMI

舞踏家/振付/演出

年に1回自主企画にてソロ公演を行っている。

東日本大震災の翌年、自身の手術の傷跡と震災後の傷跡との独自のイメージから、2012年4月自主企画ソロ舞踏作品『Scar Tissue』『Scar TissueⅡ』を発表。その2作品で舞踊批評家協会新人賞を受賞。2013年『Scar TissueⅢ』、2016年『Scar TissueⅣ』、2021年『Scar TissuⅤ』発表。

写真家Abe Frajndlichとのコラボレーション『世界中が劇場である』プロジェクトは4か国で行われる。その他、国内外で自身の作品を発表。ワークショップも行う。

JCDN主催コミニティダンス育成講座応用コース卒業(2019)。2021年、同講座、応用コース受講。コミニティダンスの活動として、「Big famiy Tokyo」に参加。また、舞踏コミニティダンスのワークショップを行う「ぞうとかに」を辻たくや氏と立ち上げ、活動中。2020年、秋田Butoh Village Winter2020(レジデンス)参加。

The following two tabs change content below.
ダンスと社会をつなげる、コミュニティダンスを推進していく任意団体です。関東圏を中心に活動しています。コミュニティダンスのワークショップの実施のほか、コーディネート、ファシリテーターの養成、スキルアップなど。ダンスの力を広げます。 メンバーは振付家、ダンサー、舞踏家、ワークショップデザイナー、俳優、ダンスセラピスト、ヨガティチャー、研究者など。他ジャンルに渡る専門家の集団です。
最終登録日時 : 2022.03.30
登録者 : Big Family Tokyo

関連するイベント記事

2020.10.03

Shall We Dance?のすすめ

【期日】 2020年5月11日 〜 2020年10月3日

2021.04.11

わたしたちのダンス井戸端会議2021

【期日】 2021年4月11日 〜 2021年4月11日

【会場】オンラインイベント

Copyright ©JCDN. All rights reserved.