こちかぜキッズダンス2020 ダンスムービー公開!!

「ぶっとびロケダンス! 〜外でも中でもこちかぜシャウト!!〜」

その他のファシリテーター

千代その子、出川晋、高木貴久恵、米澤百奈、室田敬介

『こちかぜキッズダンス2020―東山区発の、ダンスによる子ども育成を通した地域力創造プログラム2020―』
秋編 ダンスムービー公開!!

2020年9月―10月の2か月間、計9回のワークショップで子どもたちとダンスムービーの撮影に取り組みました。

初めてダンスを踊った子も、1年目の子も、何年か踊っている子もいます。
それぞれが自由にアイデアを膨らまして踊りました。

映像の撮影は、ワークショップ会場の京都市東山いきいき市民活動センターの3F多目的室と、外でのロケと両方行いました。
ロケの場所は、グループに分かれて子どもたちそれぞれが「踊ってみたい場所」や「紹介してみたい場所」を出しあいました。その後、ロケハンを行ってから本撮影。低学年チームは、ワークショップ会場の建物の中でロケをしました。

また、美術のワークショップでは、ダンスと映像撮影のための帽子を作りました。
この日の美術ワークでは、ハサミを使わずに、紙と糊で帽子を創る事にチャレンジ。
その子どもたちの創意工夫にも、要注目です。

9回のワークショップで撮りためた映像を粗編集していただき、最後に上映会を行って秋編を締めくくりました。
「映像を見た人の反応を、踊った本人が見れるのも映像の良いところですね」と学童の先生。

子どもたちは、上映会の最後にナビゲーターのまほさんから、こんな言葉をいただきました。

「皆の踊りを見て、今年初めて感じた事があります。
みんなの動きをみて、動きが決まっているところも決まっていないところも、
両方、輝いているなと思いました。
それがすっごく頼もしかった。
それは力のあるダンサーにしかできないこと。
このままの感じで、踊っていてね。」 まほさん

「ぶっとびロケダンス! 〜外でも中でもこちかぜシャウト!!〜」
出演:京都市三条学童保育所の子どもたち+公募で参加の子どもたち
演出・振付・ワークショップナビゲート:セレノグラフィカ(隅地茉歩・阿比留修一)
美術ワークショップナビゲート:出川晋
アシスタント:千代その子、出川晋、高木貴久恵、米澤百奈、室田敬介
撮影:草本利枝、千代その子
編集:草本利枝

photo Toshie Kusamoto

<お知らせ1>
『こちかぜキッズダンス2020』秋編のワークショップ概要は以下よりご覧ください。

こちかぜキッズダンス2020<秋編>

The following two tabs change content below.

NPO法人JCDN

JCDNはダンスの環境を創っていくとともに、日本における芸術のあり方を変革していく運動体=アーツサービスオーガニゼーションを目指すものです。その為にJCDNは、NPO(非営利組織)として設立し、社会とダンスを結ぶ接着剤として機能していきたいと思います。
2021年1月6日
Copyright ©JCDN. All rights reserved.