函館市芸術ホール

コミュニティダンスワークショップ&シンポジウム

今、世界の多くの地域で、これまでのイメージとは違う「ダンス」が注目されています。
それは、年齢や性別、経験の有無などまったく関係なく、幼児から高齢者、障がいのある人など、
あらゆる人が踊ることができるダンス『コミュニティダンス』です。
函館2011
【日時/場所】
 ワークショップ:2012年1月17日(火) 午後6時
 函館市芸術ホール リハーサル室
 シンポジウム:2012年1月17日(火) 午後7時45分
 函館市芸術ホール ギャラリー
【概要】
 人が生まれながらに持っている身体を動かす力、想像力と創造力を引き出すダンス。互いに理解し、認め合い、
人と繋がってゆく喜びや楽しさを感じることができ、自分の身体と心が生き生きとするダンス。
この可能性に満ちたコミュニティダンスのワークショップを開催するとともに、地域でどのようなことができる
のか、どのように活動を拡げてゆけるのかを共に考えるシンポジウムを行います。
【出演者】
 北村成美(振付家・ダンサー)
 佐東範一(JCDN代表)
【主催】函館市文化・スポーツ振興財団
【制作協力】NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
 
The following two tabs change content below.

NPO法人JCDN

JCDNはダンスの環境を創っていくとともに、日本における芸術のあり方を変革していく運動体=アーツサービスオーガニゼーションを目指すものです。その為にJCDNは、NPO(非営利組織)として設立し、社会とダンスを結ぶ接着剤として機能していきたいと思います。
2012年1月25日
Copyright ©JCDN. All rights reserved.