イベント情報 : アダム・ベンジャミンによるダンス・ワークショプ
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-06-16 12:52:01 (1292 ヒット)
イベント情報

アダム・ベンジャミンによるダンス・ワークショプ
  英国で身体障害のある舞踊家達とない舞踊家達で構成されるダンス・カンパニーCandoCoを設立、共同芸術監督を務めたAdam Benjaminによるワークショップです。身体に障害のある方の動きの特性、また、車椅子の動きの特性も生かしながら振付をしていくベンジャミン氏独特のコンテンポラリー・ダンスの技法を学びつつ、身体障害のある方とない方がお互いの身体表現の特徴を活かし合いながらダンスを創っていきます。

【概要】
6月25日(木) 森下スタジオ 14:30〜17:00
7月2日(木) 江戸川総合文化センター 14:30〜17:00

【定員】20名

【対象者】 
障害のない大人 身体障害のある人

【参加費】
障害のない大人 2回6,000円/1回3,500円
29歳以下の障害がない方 2回4000円/1回2500円
身体障害のある人 2回2,500円/1回1,500円

【申し込み方法】
下記の情報をお書き添えの上、メールかFAXでお申し込みください。
,名前 ∪別 M絞愴峭罅住所 づ渡暖峭罅´ゥ瓠璽襯▲疋譽后´障害の有無(ある場合はどのような障害か)Щ臆担望日 ┐歓Χ函´年齢
メールアドレス:MuseKK@aol.com
FAX:03-6426-5183

講師 アダム・ベンジャミンAdam Benjamin
1991年、身体障害を持つダンサーと共に”CandoCo”ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、Russell Maliphant、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Scottish Dance Theatre, The Besht Tellers, A&BC Theatre Company, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。Wingate Scholar, a Rayne Fellow、ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に障害のある人達とない人達とのダンスの理論と実践書である“Making an Entrance” (Routledge 2001)がある。
--

主催:クリエイティブ・アート実行委員会
助成:公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金 
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) 
  グレイトブリテン・ササカワ財団
問合せ先:クリエイティブ・アート実行委員会(事務局 ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5−201
電話03-6426-5182 Fax03-6426-5183
e-mail: Musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp 
facebook: :https://www.facebook.com/artmusekk


印刷用ページ このニュースを友達に送る

サイト内検索

コミュニティダンスの掲示板
コミュニティダンスの情報や話題を、自由に書き込み共有していくページ。
ワークショップや発表公演の情報のほかに、様々なニュースや巷での話題など、コミュニティダンスに関する幅広い話題づくりにぜひご活用下さい。
★スパム投稿対策の為、投稿いただいた記事をスタッフが確認後、公開しています。もしなかなか公開されない場合は、JCDNまでお問い合わせ下さい。
*こちらで不適切と判断したものは通知なく削除いたします。*

カテゴリー

メインメニュー

このサイトの使い方★

コミュニティダンスメールニュースを購読する。

コミュニティダンスに関するニュースをメールでお知らせします。
情報を投稿していただくこともできます。

JCDN事務局メールアドレス(jcdn@jcdn.org) へ、お名前とご職業を記入の上、ご連絡ください。

情報を掲載希望の方は、内容を簡潔にまとめてお送りください。 *毎月19日締め切りです


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録