投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-07-28 00:25:36 (479 ヒット)

コミュニティダンスの先駆者として25年に亘る

活動をつづけ 数々の舞台を創って来た舞踏家中嶋夏よる、

指導者養成コース第二弾 次回は未定です。この機会にぜひご参加下さい。



<2016年8月15〜21日 全4回/実習>
コミュニティ・ダンスをつくるための3つの柱を学びます!


「コミュニティ・ダンス」とは、障害のあるなしや、 年齢性別に拘わらず、
身体を通して自分を表現し、他の人との関係や 地域社会の繋がりを作りだそうとする運動と して、
現代社会のなかで、今まさに必要とされています。

この養成コースでは、障がい者舞踊教育のパイオニアとして、 日本のコミュニティ・ダンスの場を牽引し、
20年以上にわたり障がいのある人とともに踊る< こころとからだ>を主催してきた舞踏家 中嶋夏による、
コミュニティ・ダンスの場をつくるためのノウハウを公開します。


<日程>
○養成コース 計4回 10,000円<ガイダンス及び実践>* 全参加を基本とします

8月15日(月)、17日(水)、20日(土)19:00〜2 1:30 場所:四ツ谷ひろば地下ギャラリー
8月21日(日)13:00〜17:00 場所:高円寺障害者交流館


○実習(自由参加)1,500円< ハンディキャプのある人たちと共に動く実習>
9月3日(土) 18:30〜20:30 場所:高円寺障害者交流館

○講師:中嶋 夏  ○お申込み:Email…mutekisha@yahoo. co.jp Tel…080-1387-1410



 下記3つの柱を中心に、場をつくり、 関係を築く方法を実際に体験していきます。

*ダンスの経験は問いません、 やる気のある方の受講をお待ちしています。

コミュニティ・ダンスをつくるための3つの柱を学びます。
❶「健康」と「身体」
全ての基礎となる身体に注目し、 柔軟性や有機性を高めるための運動や、緊張を解放する
   ための、現場から生まれたリラクゼーション方法を学ぶ。
❷ 遊びとグループワーク
遊びを通して育まれる協調のありかたや、 遊びの発展からダンスを作る楽しさとともに、人と
 「触れあう」ことによるコミュニケーションの取り方を学ぶ。
❸ 自由即興ダンス
振り付けや型を与えるのではなく、一人一人から「ダンス」 を引き出す為に必要なこととは。


中嶋 夏 略歴

舞踏の始祖である土方巽、大野一雄に師事。1969年から舞踏集 団<霧笛舎>創立し
活躍。1983年ロンドン国際芸術祭を始まり として、その後世界有数のフェスティバ
ルに参加。 各国舞踊養成所教授歴任。現在も各国にて公演、 ワークショップを行
う。1992年より知的障がい者舞踊教育に携 わり、以来20年以上に至る現在まで、
<こころとからだ> 町田クラス、杉並クラス、 四谷クラスにてコミュニティダン
ス活動を展開中。


*活動詳細は霧笛舎HPへ! http://www.geocities.jp/mutekisha/index.html


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-04-13 18:57:51 (831 ヒット)
イベント情報

身体&知的障害のある人達とのダンス、導入、展開、トライアル・ファシリテーション

「ファシリテーター」とは会議やワークショップなどで合意形成や相互理解をサポートすることによって、グループや参加者の活性化、協働を促進させるリーダーのことです。ここでは、どのように障害のある人達を含め、その身体性や特長を活かしてダンス・ワークショップをファシリテートしていけるか、国内外のスペシャリスト、アーティスト達にそれぞれの考え方、方法を学んでいきます。直近のワークショップはSophie Stanleyのダンス・ワークショップです。様々な人達とのダンス活動をファシリテートしてみませんか? 
---------------------------------------------------------------

Sophie Stanley【ダンス・アーティスト】

誰もがダンスに参加できるようにどのようにファシリテートしていくか、その原則について学び、実践することまでトライします。即興的課題からアンサンブルへと展開していく方法、さらに初日の実践的な方法をコンテンポラリーダンスの文脈の中で展開したり、振付へ発展させるスキルも学びます。さらに最終日は実際にいっしょにWSプランを考えたり、希望する人がプランを実践します。それらをいっしょに体験することが参加者全員にとって役に立つ活動となります。

■アーティスト・プロフィール

知的障害、身体障害のあるダンサーを含む英国のStopgapでダンサーとして、教育担当としての経験を積み、カンパニーの活動をドキュメントした「ファースト・ライト」という本を2012年に出版。2015年にAXISダンス・カンパニーに入団、インテグレイテッド・ダンス公演のツアーの他に、数々のインテグレイテッド・マスター・クラスも担当している。

■時間:10:00-12:30 ファシリテーションをやってみたい人のためのレッスン
    14:00-16:00 身体障害のある人、知的障害のある人との合同レッスン
    16:15-17:00 ファシリテーションをやってみたい人の振り返り

■会場:森下スタジオCスタジオ
      〒135−0004 東京都江東区森下3−5−6
     【アクセス】  
     地下鉄都営新宿線、 都営大江戸線「森下駅」 A6出口 徒歩5分
     東京メトロ半蔵門線、 都営大江戸線「清澄白河駅」 A2出口 徒歩10分

■対象者:ファシリテーションに興味のある大人 午前午後通し 20名
     身体障害のある人、知的障害のある人 14:00‐16:00 10名

■参加費:15,000円、24歳以下12.000円、障害のある人3,000円

■申込み方法
以下を必ずお書きの上、メール、ファックスでお申込みください。申し込み順にお振込先、会場案内をお知らせします。なお、手話通訳の必要な方は早めにお知らせください。

1.お名前(ふりがな付き) 
2.ご住所 
3.電話番号 
4.E-mail Address(ある方のみ) 
5.年齢 
6.職業(具体的に) 
7.障害の有無(障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)
8.参加されるワークショップ名とその日程

【応募締切:5月1日(日)】

■その他のワークショップ
B)6月25日(土)−26日(日:Isabel Jones:視覚障害のある人達とのダンス・ワーク
C)8月5日(金)−7日(日):Wolfgang Stange:知的障害のある人達と身体による対話から即興のダンスへ(午後)
D)8月27日(土)−28日(日):Aya Kobayashi:知的障害のある人達と即興から振付へ

■国内のアーティスト/ファシリテーター達とのWS&ネットワーキング
国内で活躍している方々の現場を訪問しつつ、WSの手法、考え方、これまでの活動などを紹介してもらいます。

西洋子+みんなのダンスフィールド(6/12)
河下亜紀+かれん(6/19)
岩淵多喜子+カンパニー響(7/10)
新井英夫(9月)
竹中幸子+ベストプレイス(9月)
砂連尾理(交渉中)他。

月に1-2回。主に土、日の午後3-4時間。WS会場、時間はお申込み頂いた方に詳細をお知らせいたします。

■参加費
一般参加者 A)15,000円、B)11,000, C)12,000, D)10,000
24歳以下: A)12,000円、B)9,000, C)10,000, D)8,000
障害のある人(午後のみ):A)3,000円、B)2,000, C)3,000, D)2,000
国内講師達とのWS:各3,000円, 24歳以下:2,500円

*障害のある方で午前から参加してファシリテーションを学びたい方ももちろん参加できます。参加費は一般参加者と同額です。

詳しくはこちらへ

http://www.musekk.co.jp/
(クリエイティブ・アート実行委員会ミューズ・カンパニー)


投稿者 : museKK 投稿日時: 2015-11-02 16:41:58 (727 ヒット)
イベント情報

車イスのダンサーを交え、様々に異なる身体性を活かして新しいダンスの領域を拓きつつある、インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo。
3回目の公演はコンテンポラリー・ダンス界で緻密なディレクションで評価の高い岩淵多喜子による振付作品。
何が境界(Border)をつくっているのをテーマに新たなカンパニー作品に挑みます。

【日時】
11月7日(土) 18:30開場、19:00開演
11月8日(日) 15:30開場、16:00開演
 ◇アフター・トーク:上野房子(舞踊評論家)、岩淵多喜子

【会場】アサヒ・アートスクエア(浅草)

【入場料(全席自由)】
 前売:3,000円、当日3,500円
 学生・障害者割引:前売り2,500円、当日3,000円
 *割引チケットはクリエイティブ・アート実行委員会でのみ扱います。

integrated Dance Company 響-Kyo
響-Kyoは多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく、2014年6月に設立される。
同年9月28日に本公演を目指す経過報告としてワーク・イン・プログレスを2月28日、3月1日に鈴木ユキオ振付による旗揚げ公演を行い、アートと社会を統合する取り組みとして注目を集める。
7月19−20日に、初の海外共同制作公演をAdam Benjaminと行なう。
これからさらに国内外のアーティスト達とのコラボレーションを図るなど意欲的な取り組みを展開する予定である。
共同芸術監督:岩淵多喜子&鈴木ユキオ。


詳細は公式HP(http://www.musekk.co.jp/)をご覧ください。


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-07-17 16:46:42 (973 ヒット)
イベント情報

「サマー・アート・スクール2015 パフォーマンス&展覧会」

東京都教育委員会の共催のもと、障害のある人と無い人が共に創造する表現活動のワークショップです。
ダンス、演劇、音楽、美術などさまざまな分野のワークショップを通して、表現の多様性に触れてみませんか?
ぜひお越しください。

開催期間:7月25日(土)〜9月6日(日)
※展覧会を9月2日〜6日にギャラリーTOM(渋谷)で開催します。

詳細は公式HP(http://www.musekk.co.jp/)をご覧ください。
Facebook(https://www.facebook.com/artmusekk)にも随時情報を投稿しています。ぜひご覧ください。



◎サインマイム・ワークショップ(講師:井崎哲也)

ろう者の文化から生まれた手話と、パントマイムを組み合わせた身体表現のワークショップです。音声言語を使わない表現でコミュニケーションすることを体験できます。
終日、手話通訳がつくので、手話が分からない方も安心して参加できます。
日時:8月1日(土)、8月2日(日) 10:30〜16:30
会場:芸能花伝舎
対象者・定員:ろう者(大人・子ども)、健聴者 計30名
参加費:障害のない大人:13,000円
小中高校生(ろう者・健聴者):2,500円



◎関わりが生むダンスワークショップ
インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyoといっしょに踊ろう(講師:鈴木ユキオ)


自分とまわりの人たちとの身体を通した対話からダンスが生まれていくことを体験していきます。舞踏の手法をベースにコンテンポラリーダンスで活躍する鈴木ユキオ(ダンサー・振付家)によるワークショップで、即興的なダンスを体験してみませんか?ダンスの経験がない方も参加することが出来ます。
日時:8月8日(土)、8月9日(日)
10:00〜12:00(午前の部)ダンスに興味のある大人、および指導者のレッスン
13:30〜15:30(午後の部)障害のある人、障害のない小中高生、ダンスに興味のある大人、指導者
8月9日15:30~16:00 2日間のワークショップの成果をパフォーマンスとして発表
会場:月島社会教育会館(8日)、日本橋社会教育会館(9日)
対象・定員:ダンスに興味のある大人・および指導者、障害のある方、障害のない小中高生 計20名
参加費:
ダンスに興味のある大人・および指導者(午前午後通し):13,000円
ダンスに興味のある大人・および指導者(午前のみ参加):6,500円
障害のある方・障害のない小中高生(午後のみ):2,500円


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-06-16 12:52:01 (1051 ヒット)
イベント情報

アダム・ベンジャミンによるダンス・ワークショプ
  英国で身体障害のある舞踊家達とない舞踊家達で構成されるダンス・カンパニーCandoCoを設立、共同芸術監督を務めたAdam Benjaminによるワークショップです。身体に障害のある方の動きの特性、また、車椅子の動きの特性も生かしながら振付をしていくベンジャミン氏独特のコンテンポラリー・ダンスの技法を学びつつ、身体障害のある方とない方がお互いの身体表現の特徴を活かし合いながらダンスを創っていきます。

【概要】
6月25日(木) 森下スタジオ 14:30〜17:00
7月2日(木) 江戸川総合文化センター 14:30〜17:00

【定員】20名

【対象者】 
障害のない大人 身体障害のある人

【参加費】
障害のない大人 2回6,000円/1回3,500円
29歳以下の障害がない方 2回4000円/1回2500円
身体障害のある人 2回2,500円/1回1,500円

【申し込み方法】
下記の情報をお書き添えの上、メールかFAXでお申し込みください。
,名前 ∪別 M絞愴峭罅住所 づ渡暖峭罅´ゥ瓠璽襯▲疋譽后´障害の有無(ある場合はどのような障害か)Щ臆担望日 ┐歓Χ函´年齢
メールアドレス:MuseKK@aol.com
FAX:03-6426-5183

講師 アダム・ベンジャミンAdam Benjamin
1991年、身体障害を持つダンサーと共に”CandoCo”ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、Russell Maliphant、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Scottish Dance Theatre, The Besht Tellers, A&BC Theatre Company, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。Wingate Scholar, a Rayne Fellow、ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に障害のある人達とない人達とのダンスの理論と実践書である“Making an Entrance” (Routledge 2001)がある。
--

主催:クリエイティブ・アート実行委員会
助成:公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金 
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) 
  グレイトブリテン・ササカワ財団
問合せ先:クリエイティブ・アート実行委員会(事務局 ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5−201
電話03-6426-5182 Fax03-6426-5183
e-mail: Musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp 
facebook: :https://www.facebook.com/artmusekk


(1) 2 3 4 ... 10 »
サイト内検索

コミュニティダンスの掲示板
コミュニティダンスの情報や話題を、自由に書き込み共有していくページ。
ワークショップや発表公演の情報のほかに、様々なニュースや巷での話題など、コミュニティダンスに関する幅広い話題づくりにぜひご活用下さい。
★スパム投稿対策の為、投稿いただいた記事をスタッフが確認後、公開しています。もしなかなか公開されない場合は、JCDNまでお問い合わせ下さい。
*こちらで不適切と判断したものは通知なく削除いたします。*

カテゴリー

メインメニュー

このサイトの使い方★

コミュニティダンスメールニュースを購読する。

コミュニティダンスに関するニュースをメールでお知らせします。
情報を投稿していただくこともできます。

JCDN事務局メールアドレス(jcdn@jcdn.org) へ、お名前とご職業を記入の上、ご連絡ください。

情報を掲載希望の方は、内容を簡潔にまとめてお送りください。 *毎月19日締め切りです


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録